食品の賞味期限について

食品に関する2つの期限:賞味期限と消費期限

日本では一部の例外を除き全ての加工食品に期限表示が義務づけられています。商品の特性に応じて「消費期限」か「賞味期限」のどちらかを表示しなければいけません。

  • 「消費期限」は主に数日で腐敗する、品質が劣化し安全にお召し上がり頂けなくなるおそれがある食品で、定められた方法で保管されていた場合に安全に食べられる期限を示すもので、アメリカの食品では「Use By」などと表記されています。
  • 「賞味期限」は日持ちがする食品で、定められた方法で保管されていたに期待されている品質が保持できる(=安全でおいしい)期限であり、アメリカの食品では「Best Before」や「Best If Used By」、「Expiration Date」などと表記されています。この期限を越えたからすぐに安全では無い、食べられないという訳ではありません。賞味期限内であっても保存方法・保存状態が適切で無かった場合品質が低下しておいしくなくなる、あるいは腐敗するなど安全でなくなる可能性もあります。
商品の特性、劣化する品質の種類と劣化の早さで消費期限か賞味期限のどちらかを表示する必要があります。
アメリカ国内での食品の期限表示基準

アメリカは粉ミルクとある種のベビーフード以外では賞味期限表示は必須ではなく、自主表示となっています。そのため複数の様式が混在しています。州によって異なる基準を設けている場合もあります。

詳細は弊社ニュース・コラム「世界で生産される食品の1/3が廃棄される理由~賞味期限と消費期限」をご覧下さい。

食品は劣化する品質の種類と早さで消費期限と賞味期限の2つに区分されます。理論的に求めて限界期間に安全係数を乗じて期限が設定されます。

どうして食品に期限が必要なのか?

食品の品質は時間と共に劣化する

食品は保管時間の経過と主に

  • 微生物の増殖による劣化(変敗・腐敗)
  • 乾燥や吸湿などによる物理的な性質(食感など)の劣化
  • 酸素により油脂やその他の成分が酸化されることによる劣化
  • 酸化以外の化学反応(酵素反応や加水分解など)による劣化

により品質が劣化していきます。どのような劣化をするか、また劣化の速度は食品や包材、加工の仕方などにより大きく異なります。ですから、賞味・消費期限を設定するためには

  1. これ以上劣化すると安全性が損なわれる(消費期限の場合)、あるいは製品の価値が損なわれる(賞味期限の場合)限界点と、劣化に影響を与える要因を定める。微生物の数であったり、風味・外観の官能評価やpHであったり製品の特性により様々な要因が考えられます。食品によっては食品衛生法などで公的に基準が定められているものもあります。
  2. 製造直後と掲示保管後のサンプルで微生物試験、理化学試験や官能試験などの試験を行うと共に、これまでの製品開発、製造、販売などの事業活動で蓄積した経験・知識を組み合わせ、限界点を定める。
  3. 原料・製造などのばらつきや、保管・流通・お客様がご購入後の環境のばらつきを踏まえ、限界点に安全係数を掛けて消費期限・賞味期限を設定する。

のが一般的です。

 

誰が期限を設定する責任を負うのか?

期限の設定には食品などの特性、品質変化の要因や原材料、加工条件など科学的・合理的に判断する必要があります。そのため、その食品・製品を一番よく知っている者;

  • 製造業者・加工業者あるいは販売業者
  • 輸入食品の場合、輸入業者

が責任を持って期限表示を設定し、表示することが求められています。ただし、商品アイテムが膨大であったり、商品のライフサイクルが短いなどの場合には特性が類似している食品の試験検査を参考にすることにより、期限を設定することも可能と考えられています。

オレゴンフリーズドライの超長期賞味期限サバイバルフーズ缶製品では実際に30年年経過したサンプルの微生物、栄養成分、官能評価などの試験を行い、30年経過した後も十分にその品質・価値が保たれていることを検証し安全係数を考慮して25年という期限を設定しています。

また創業から50年に渡り様々な食品素材やそれを組み合わせた食品を同様に保管・検査してどのような組み合わせでどのように品質が劣化するか情報と経験を蓄積し、現在ではメニュー開発時にその素材やレシピから設定した25年の間品質を保てるかどうか判断することが可能となっています。そのため新製品を実際に30年間保管すること無く、賞味期限を設定できるようになりました。

 

オレゴンフリーズドライは安全・品質第一に徹し、「いざというときでも、ほっとできるおいしさ」を提供するために様々な品質管理・安全管理を行っています。詳細は上のボタンをクリックしてご覧下さい。

フリーズドライ食品は水分が極めて低くそのままでは腐敗しません、しかし吸湿しやすいため通常の食品とは異なる賞味期限の設定根拠と確認が求められます。詳細は上のボタンをクリックしてご覧下さい。

フリーズドライ食品は表面積が非常に大きくなるため湯戻りが早いという利点と同時に酸化されやすいという特徴があります。そのため通常の食品とは異なる賞味期限の設定根拠と確認が求められます。詳細は上のボタンをクリックしてご覧下さい。