いざというときでも

ほっとするおいしさを

賞味期限25年のおいしい備蓄食

災害発生時には、県や市町村の対応「公助」だけでは限界があるので、地域の人々が集まりお互いに協力し合う「共助」とともに、自分と自分が守るべき人達の身を自分達の努力によって守り支えていく「自助」が必要です。

災害時にはそのフェーズに基づいて、必要とされる食事・栄養が異なりますが、重要なのは健康状態を維持するために必要な栄養 を確保する ことです。災害が発生してから、食料を自分たちで探し、調達することは非常に困難です。ですから、平常時からの備えが何より重要となります。大規模災害においては行政の対応が機能するまでに時間を要することが予測されるため、一般家庭においても非常時持ち出し用とライフライン復旧までの長期にわたる災害のための食料備蓄が必要となります。

 

マウンテンハウス®・サバイバルフーズは、オレゴンフリーズドライ (OFD Foods) が世界最大規模の凍結乾燥食品メーカーとして50年にわたる経験と技術により作られた25年の超長期保存が可能なフリーズドライ食品の備蓄食です(クラッカーなど一部フリーズドライ加工されていない製品もございます)。

米国農務省(USDA)の認証肉加工工場でもあるオレゴン州本社工場では、最新の品質管理基準の下、厳選された食材を使用して調理から冷凍、フリーズドライ加工、梱包までを一貫して行っています。

通常加工食品ではコアとなる主要原料は自社で加工するものの、そのほかの具材や調味料などは、できあがったものを購入し、製品の包装段階でブレンドするのが主流です。弊社では実際に家庭やレストランと同じように全ての原料を用いて調理し、それを乾燥することで、加工食品を超えたおいしさを安定した品質でお届けすることができます。

その技術の高さから、「月へ向かう宇宙飛行士にレストランで食べるのと変わらないメニューを味わってもらいたい」というNASAの依頼を可能にし、アポロ計画以降、スペースシャトルなど様々なミッションで宇宙食を供給して参りました。

マウンテンハウス®とサバイバルフーズの違い

どちらもOFD Foods (オレゴンフリーズドライ)社が開発、製造しているフリーズドライ製品です。

マウンテンハウス(Mountain House)は米国でキャンプやトレッキングなどアウトドア向け行動食では#1ブランドです。アメリカの市場で広く好まれる味をメインに、朝食からデザートまで幅広いラインアップで展開しています。日本へは市場に合う味・コンセプトの製品をそのままMountain Houseブランドとして展開しています。

サバイバルフーズは雑炊をはじめとした日本の皆様が「いざというときでもほっとするおいしさ」で安心していただけるように日本市場向けに厳選したマウンテンハウス製品の日本向けブランドです。

日本で販売されているサバイバル®フーズはOFD Foodsが製造し、株式会社セイエンタプライズを日本での総代理店として輸入・販売を行っております。詳細は下のリンクより株式会社セイエンタプライズのページをご覧下さいますようお願い申し上げます。

OFD