3月1日は「防災用品点検の日」

防災の日

関東大震災が発生したのが1923年9月1日。その大参事を忘れないため、またこの時期は台風の被害が多い時期であることから国が「防災の日」と定め、防災の日を含む週を防災週間として防災訓練などさまざまなイベントが催されています。

季節の変わり目に防災・減災の確認をしよう

「防災用品点検の日」は防災システム研究所の防災・危機管理アドバイザーの山村武彦さんが制定。季節の変わり目となる年4回(3月1日・6月1日・9月1日・12月1日)の日に、防災用品や備蓄食品の点検を行い、非常時に備えようというものです。

何をすれば良いの?

  1. 非常用持ち出し袋の確認を
    まずは「非常用持ち出し袋」や家に備蓄している食料品の期限を確認しましょう。「非常用持ち出し袋」を準備していないという方は「東京防災」のサイトを参考にして、この機会に是非準備し見て下さい。自宅にはあるけど勤務先には無いという方は、勤務先から自宅まで歩いて帰ることを想定して準備をしておくことをお勧めします→「東京防災・非常用持ち出し袋」。
  2. 常備薬や使い捨てカイロなどの期限も確認しましょう
    薬にも食品と同じように期限が設定されています。薬も時間が経過すると少しずつ劣化したり、酸化などにより変化した成分により意図しない副作用などが起こる場合もあります。非常時にはいつもと同じように病院に通ったりできない場合もありますから、期限が切れた薬を使用するのは避けるべきです。期限が切れている、迫っている薬は是非新しいものと交換しましょう。使い捨てカイロも期限を大幅に過ぎると暖かくならなかったり、逆に高熱を発生したりする場合もあります。家庭で消化器がある場合はその期限も確認しましょう。
  3. 暖房器具のチェックを
    少しずつ春めいてくるこの頃、暖房器具の使用頻度も少しずつ下がってきます。使わなくなると、暖房器具の周りに燃えやすい物があっても気づきにくくなります。石油・ガスストーブなどの周りを確認して地震などの災害発生時にできるだけ火災を発生させないようにしましょう。
非常用持ち出し袋の準備
小さなお子様がいらっしゃるご家庭では「子どもと一緒に避難する」ときを具体的にイメージしながら準備しましょう。

災害は穏やかな日や家族が全員揃っている日を選んでやって来てはくれません。大雪や強風で外を歩くことも難しい日に地震や火山の噴火などが起こる場合もあります。いざという時にあわてないように普段から準備をしておきましょう。サバイバルフーズなら賞味期限25年。いざというときでもほっとするおいしさを、期限の心配をすること無くお召し上がり頂けます。

サバイバルフーズはセイショップでお求めいただけます
サバイバルフーズ野菜シチュー

いざというときでもほっとするおいしさを~サバイバルフーズ

 

 

シェアする

Top