ニューヨーク州にフリーズドライ新工場を設立します

ニューヨーク州知事Andrew M. Cuomo (アンドリュー クオモ氏)が3月20日(月)に発表したプレスリリースの概要をお伝え致します。

OFD Foods, LLCは2,500万ドル (約29億円)を投じてニューヨーク州ヘンリエッタにフリーズドライの工場を新設致します。

ニューヨーク州クオモ知事は3月20日(月)にアメリカ軍への糧食の筆頭サプライヤーでもあるOFD Foods, LLCがニューヨーク州に工場を新設することを発表しました。OFD Foodsはニューヨーク州モンロー郡ヘンリエッタ市に5万平方フィート (4,700平米)の工場をアメリカ東部・中西部のお客様へのフリーズドライの素材原料加工向けに新設し、この新工場はおよそ30名の雇用を生み出すとしました。

Andrew M. Cuomo, NY Governer (ニューヨーク州知事):「OFD Foodsの工場新設はこの地域の工業と財政にさらなる強みをもたらすものである。新工場がOFD Foodsのグローバル市場でのさらなる成功とモンロー郡での雇用創出を期待している。」

 

OFD Foodsはフリーズドライ加工の世界最大手で、Mountain House, Easy Mealなど非常食・アウトドア食のブランドを展開、またアメリカ軍の糧食の筆頭サプライヤーでもあります。それ以外にプライベートブランド事業、医薬品受託加工や食品メーカー向けの原材料など幅広い事業を行っています。

OFD Foodsの新工場設立のため州再活性化イニシアチブより40万ドル (4,500万円)の助成金を交付することを決めました。

 

John Damon, Senior Vice President of Manufacturing:「すぐ近くにRochester Institute of Technology (ローチェスター工科大学)やMonroe Community College (モンロー専門学校)など必要なスキルを持った人材の確保にも適していることも決め手の一つでした。」

 

Howard Zemsky, Empire State Development President :「OFD Foodsのようなグローバル企業がこの地域が投資に最適であると認知させることに成功したクオモ知事のリーダーシップに感謝します。この地域はOFD Foodsが成功するために必要な人材や高い生活水準などあらゆる要素を提供できます。」

 

2018年の稼働を予定

ニューヨーク州からの40万ドル (4,500万円) の助成金以外は自己資金でまかない、オフィス、倉庫などを含む4,700平米の新工場は主にフリーズドライの素材原料加工を主に行う予定です。4月に起工式を行い、年末の完成を見込んでいます。

 

Jim Merryman, CEO of OFD Foods, LLC :「この立地はアメリカ東・中西部のお客様にとって非常に便利で、さらに新工場が稼働し、現在オレゴン州本社工場で製造している製品の一部を移管することにより、本社工場で新たな製品の製造を行うことが可能となります。」

 

ニューヨーク州ヘンリエッタの位置

シェアする

Top