フレンチプレスのように押すだけで汚い水をキレイに~除去率99.9999%浄水ボトル~

登山やトレッキングはできるだけ荷物を軽くしたいものです。でも水を減らすわけにはいきません。登山では体重×行動時間×5ミリリットルの水が必要です。体重60kgの人が往復6時間の登山をすると1.8リットルの水が必要となります。安全な水を道中で確実に確保できる見込みがあれば別ですが、通常は必要な水を持参することになります。

今年3月にクラウドファンディングのKickstarterで2000万円以上を集めた浄水ボトルGrayl Ultralight。

  • 簡単に安全な水を創り出すことができて、
  • 310gと計量な上に、
  • 300回繰り返し使用ができる

という優れものです。

20160322-grayl-02

15秒であっという間にキレイな水が手に入る

使い方は簡単です。

  1. 外側のボトルに水を入れて、
    20160322-grayl-01
  2. ギューッとフレンチプレスのようにフィルターユニットを押し込み
    20160322-grayl-02
  3. 浄水された水を飲むだけ
    20160322-grayl-03

 

500ミリのペットボトル300本分(150リットル)の処理能力

ゴミを減らすという点でも環境にやさしいのです。フィルターを取り付けなければ普通の水筒としても使用ができます。

20160322-grayl-03

抜群の安全性

微生物やウィルスなどを99.9999%除去可能。フィルターの期限は未開封で10年、使い始めてから3年と充分な期間を確保しています。

 

アウトドアだけでなく、非常時にも

トレッキングや登山だけでなく、ポンプや電源のいらないこの浄水ボトルは非常時にも役立ちます。

20160322-grayl-04

現在はプレオーダー中

Graylのサイトよりプレオーダーを受け付けています。価格は$59.95ですが、日本へは$20の送量が別途かかります。

 

Grayl + JetBoil + Mountain House = Ultralight Trekking

Grayl(310g)で水を作り、JetBoil(700g *100gカートリッジ使用時)でお湯にして、Mountain House(136g *パスタプリマベーラ)を食べる=1,146g と超軽量。食と水の重量が負担になったりしないので、よりチャレンジングなステージや、より長距離の行動を可能にします。

20160322-grayl-05

シェアする

Top