山頂で缶詰を開けようと思ったら缶切りが無かった…そんなときに役立つワザ

ようやくたどり着いた山頂。腹ぺこですぐにでもご飯を食べたい。バックパックから取り出した缶詰。よく見ると、缶切りが必要なタイプ。手で開けられる缶詰と思って缶切りを持ってこなかった!!

そんなときに必要なのは、平らでざらざらした石だけ。缶蓋を下にしてゴシゴシこすって、少し力を加えるだけで缶詰を開けることができます。

詳しくは下の動画をご覧下さい。

缶切り無しで缶を開けるサバイバル術

このワザは登山やトレッキングなどアウトドアだけでなく、非常時に持ち出し袋を見たら缶切りが無かった!なんて時にも役立ちます。賞味期限が近い缶詰があったら、一度練習を兼ねて試してみてはいかがでしょうか?

シェアする

Top